自分の存在価値を見つける為に今を生きている

書物を読むことによって自分の歩みの意味を知る

その節税が会社を殺す

会社が生き残るのはとても難しい時代。

1年後には10社ある1社、10年後には100社あるうち1社と
呼ばれ時代。 

 

どのようにしたら、

会社が生き残れるか。

経営者として最低限知らないといけない、

”守り”の部分の知識は融資だと感じる。

 

”売上”や”利益”だけを見ている経営者、
”決算書”さえ読めない経営者は、

会社がまずくなってから気付くだろう。

”知識”不足なのだという事を。 

 

この本では、守りの部分について書かれている。

銀行対応についてだ。

作者が税理士という事で、

少し税理士目線なのかな?という事も

意識しながら読んでみた。

 

以下、内容を記載する。

本というのは、表紙や帯びに

学べることが書いてある。

書いていたのはこんなところだった。

 

・保険が会社を追い込んでいた

法人税が実は一番お得

・保証協会を外すタイミング

・銀行が安心する数字
・低金利で借りて、手元資金を厚く

・手元キャッシュ月商3か月分」までの工程表

などなどだ。

 

以下要約

・保険が会社を追い込んでいた。

保険で節税は出来るけれど、法人税を先延ばしているだけ。

 

法人税が実は一番お得

役員報酬所得税を払うなら、法人税を払ったほうが

銀行としては信用が上がる。よって融資が借りれる。

法人税の目安は、借入総額の1%

 

・保証協会を外すタイミング

手元資金月商2か月分以上

融資額が1000万以上

3期以上連続黒字

自己資本比率20%以上

 

・銀行が安心する数字

銀行員がまず決算書で見る所

損益計算書:売上高、当期純利益

貸借対照表:借入残高、現金及び預金、純資産合計

 

・低金利で借りて、手元資金を厚く

交渉タイミング

「折り返し融資」返済した分再度借りる

「新規借り入れ」

時期

3.9.12月:銀行の決算

 

・手元キャッシュ月商3か月分」までの工程表

1:無駄な出品を減らす

2:融資を受け、手元資金を厚くする

3:銀行交渉、有利な条件

 

 

私も一経営者として、

銀行対応をしている。

ただ、銀行だけを考えているといけない。

それは”税務調査”が行われたときに、

追徴課税をされてしまう可能性があるからだ。

 

その為、

経営者の決算書

銀行の決算書

税務署の決算書

というように3点から見ていかないといけない。

 

1年、3年、10年と生き残るためには

無知であっては生き残れない。

f:id:tomo19801206:20180613172741j:plain

 

 

 

 

働き方の哲学

私は自分自身の存在価値を考えていた。

20代では転職を何度も何度も繰り返し、

履歴書にはかけきれないほどの職に就いた。

 

30代になる時、

「これ以上転職は出来ない」

というターニングポイントで、

”起業”の道を選んだ。

 

親からは「正社員になりなさい」

上司からは「1つの事に3年をやりなさい」

と言われていたけれども、

ずっと働ける仕事が見つからなかった。

 

その理由は、

仕事が面白くない。

人間関係に悩まされたいた。

という理由が主だった。

 

上司「仕事なんでつまらないんだよ。面白いわけがない」

と学んだが、私はそれを受け入れることは出来なかった。

だってこれから30年もの間。

自分の有限な人生をつまらない時間で終わらせたら、

死ぬときにきっと後悔すると思ったからだ。

 

また。

人間関係も”アルハラ・セクハラ・モラハラパワハラ”という感じで、

仲間がいなかった。

仲間なんて作るものじゃないと思った。

仲間は裏切るもの、仲間を蹴落としてでも上に上がるもの。

そうやって会社員時代は過ごしてきた。

 

そんな人間の黒い感情が好きになれず、

私は転職を転々としていた。

 

私は1つの会社をずっと務めることは出来ない。

それは必要以上に考えてしまうからだと思う。

仮に1つの会社に長く勤めていたら。

きっと精神的に嫌になって鬱になっていただろう。

そうなるくらいなら、環境をかえて1からやり直す。

そう思っていた。

 

 

しかし、この本に出合って、

駄目だった自分が間違っていなかったという事に築いた。

 

P44にある、哲学だ。

キャリアには2つのタイプがある

①登山型のキャリア

”No1になる”というように、脇目も降らず

その達成を目指すタイプ。

 

②トレッキング型のタイプ
山の中を歩き、たまたま見つけた滝谷池にたたずんだり、

道端に咲く植物をいろいろと観察しながら進んでいく。

私が転職が多かったのもこのような発想だった。

 

①②についての

メリット・デメリットも書いてあり、

とても頷けた。

 

私がずっと悩んでいたことが

この本に書かれていた。

私は”悩み”だったことが”自信”につながった。

 

書籍は全体的に”図”でわかりやすく書いているので、

視覚でイメージしやすいものとなっている。

ビジネス・プライベートの哲学書と言えるでしょう。

 

 

是非、この本に書かれている
ワークショップをやってみてください。

 

頭の中の知識と図に描いてい見る知識は

大きく異なるという事が学べます。

f:id:tomo19801206:20180611141603j:plain

東大読書

私は現在たくさんの本を読み漁っている。
我武者羅に本を読んだらいいのかといったら
それは非効率だ。 

根本的な本の読み方を知っておけば、
未来で”本の読み方から知ればよかったー”って
事がなくなると思っている。
 
後悔している未来が、
今ここ。
 
 
本をどうやって読むことはとても重要だ。
今回読んだ本はこれ。
 
東大読書

 

<この本を読んで学べること>
・速く読める
・内容を忘れない
・応用できる
・読む力と地頭力が身につく
 
という内容だった。
 
 
<まとめ>
身についたもの
・読解力
・論理的思考力
・要約力
・客観的思考力
・応用力
  
これについて紐解いていこう
・読解力
これは本のカバーや帯がとても大事という事だ。
そこを見るだけで、この本を読んだら何がわかるという事。
 
お客さんはこのメッセージで、手に取るか手に取らないか。
言ってしまえば、自分にとって必要なものか必要ではないかとわかれる。
 
また本を読むうえで重要なのは、
目標/目標までの道筋/スタート地点を認識するという事だ。
 
目標:この本を読んで何を知る事が出来るのか。
目標までの道筋:どうしたらそれを学ぶことが出来るのか。
スタート地点:現在の私がその分野にどれだけ知っているのか。
 
ここを理解しないといけない。
難しすぎたら優しい本から始めればいいだけだし、
意識をしながら全体図をイメージしながら読むことが大切だ。
 
・論理的思考力
本を読むときに対話をしよう。
文中に書かれていることをただ読むだけではなく、
インタビュワーになった気持ちで読む。
 
「えぇーなんでそう思うの?」
「その根拠は?」
という風に自分なりに考えてみる。
その答えが本に書いてなかったら他の本を読んでみる。
 
・要約力
まとめる力。
この本を読んで”一言で説明”できるかどうか。 
長々しく説明は出来るけれど、
短文でわかりやすく説明するのは理解していないとできない。
帯のように、簡潔にまとめることの重要差。
 
・客観的思考力
2冊同時に本を読む。
多面的発想で、Aさんは〇〇と言っているけれど、
BさんはXXと言っている。
共通部分はなんのか、相反する部分は何なのかを考える。 
また、どこで意見が分かれていたのか。
クロスしている部分を解き明かす。 
 
・応用力
読んだ感想をアウトプットする。
きっと今自分が記事に書いているようなこともそうだろう。
人に説明をしたりすることによって忘れない頭脳にする。
 
端的にいうと、
こんな事を学べる本だ。


 

f:id:tomo19801206:20180611141657j:plain