スマホ1台月商1000万

海外物販トミーの旅ブログ

【海外へ行く理由】

 
 
物事には「修理」「修復」「修繕」があるように
私は人間関係の「再構築」を行います
 
まわりから見たら
海外へ行くイメージは
華やかな感じがしますが
私の場合は、1人で考える
孤独な時間でもあります
 
私が最初に海外へ行ったのは
ワーキングホリデー
(現地で働きながら海外生活を送る)
場所はオーストラリア
 
 
◯なぜ私が海外へ行ったのか?
人間関係が嫌になったから
 
 
20代前半の頃は
人間関係の悩みが
非常に多かったです
 
将来に関する悩み
金銭的な悩み
人間関係の悩み
健康上の悩み
 
周りの先輩や友人に話をすると
「仕事はつまらないもの」
「仕事があるだけまし」
「こんな良い会社他にはない」
「いつかチャンスがある」
 
こんな事が多かった気がします
仕事が終わって、居酒屋で
タバコを吸いながら
煙と一緒に悩み事も吐き出していました
(今では禁煙して10年ほどたちます)
 
私は変わり者でしょうか?
周りは悩む事もせず、
ただ現状を受け入れていました
それが逆に理解できなかった
将来への不安は募るばかり
 
親からは
「早く落ち着いて正社員になって」
言われなくてもわかっているのですが
好きな会社がない
「ならないんじゃなくて、なりたくない」
 
履歴書に傷がつかないように
転職ばかり繰り返しては行けない
 
もう考えるのが嫌になり
誰も知っている人がいない
誰も自分の事を知っている人が
いない場所を求めていました
それが海外でした
 
海外にいると
1人の時間も多く
毎日生活するのも
一苦労
 
自分の悩み事も
自然と解消し
自分と向き合う時間も多く
心のケアに
繋がったのかも知れません
 
 
今でも人間関係には悩みがあります
ただ、昔と違って
頭を抱えるほどではありません
 
人間関係を”断ち切る”のではなく
”再構築”になります
 
向かう先はカナダ/バンクーバー
日本の方が16時間進んでいます
 
PCがあれば
どこでも仕事ができる
 
それだったら
同じ時間を海外で過ごした方が
自分自信の成長につながる

f:id:tomo19801206:20170118135356j:plain