スマホ1台月商1000万

海外物販トミーの旅ブログ

【10年間カナダへ行けなかった理由】

 

【10年間カナダへ行けなかった理由】
10年前
私が25歳の頃
ワーキングホリデーで
オーストラリアに留学していました

それから1年後
そのままオーストラリアへ残る人
日本へ帰る人
様々でした

私はというと
”ワーキンホリデーでカナダへ行く!”と
みんなに言っていました

理由は至って簡単
オーストラリアに2年いるのなら
ワーキングホリデーで
オーストラリア1年カナダ1年の方が
経験も増えるからだと考えました

そう言い残して
オーストラリアに残る友達に
別れを告げました
 
 

ところが、翌年
私は日本で仕事を3つ掛け持ちをし
一生懸命働く事になります
もちろん海外へ行くことはありません

今ではその事件を話す事も出来ますが
怖かった思い出です
 
 
オーストラリアから
日本へ帰国する際
マレーシアにストップオーバー(滞在)を
しました

到着先は
マレーシアの首都
クアラルンプールです

アジアの旅行は当時初めてで
ぼったくりも多いとは聞いていたのですが
初体験だったので
来る人来る人話を聞いていました

片言の言葉を話して
仲良くなり、家に招待してくれる事になりました

今だったら警戒もするのですが
好奇心旺盛な私は彼と一緒に狭い路地へと向かうのです

そして事件は起きました
一緒に歩いていると
フラフラなお婆ちゃんが
突如倒れてしまいます

私は心配なので
駆けつけ、声をかけるのですが
突如後ろから羽交い締めをされ
車に押し込められる事になりました

気がついた時は
後部座席の真ん中に座っています
そして両隣には中年の男性が乗っていました
さっきまで仲良く話ししていた男性
それが隣の男性です

目の前には光るもの
彼の手にはナイフを持っていました

私は首元にナイフを突きつけられ
“No!!”と叫ぶ始末

相手が金をよこせと言っているので
脳裏で最善の策を考え
お金を全て渡す事にした(10万程)
車の中なので逃げる事もできない
 
財布を渡すと
中には複数クレジットカードも入っていたので
それから車で誰もいない
ATMに連れて行かれ
キャッシングで40万程を下す事になる

もちろんこれも渡す事になる
”お金よりも命が大事”
心の中でそう決めて
言われた通りお金を渡し
そこで解放される事になる

もちろん降ろされた場所は
どこのどこだか全くわからない
知らない土地で起きた最悪の1日だった

当時はスマホも持っていなかったので
直感で歩き出し、1時間後駅を見つける事になる
幸い小銭は残っていたので無事ゲストハウスに着く

財布の中身は小銭のみ
幸いスーツケースには予備で5000円を持っていた
日本へのチケットと宿泊費用は既に支払っていたので
そこから3日間、ただただその日が来るのを待っていた

お金がないから旅行もできない
3日間5000円で過ごさなければいけないので
食事はリンゴをずっとかじって過ごしてた

スーツケースには
国際電話のプリペイドカードが残っていたので
自宅の母に電話

母は私がオーストラリアへ行く時も
「海外は危ないからやめなさい!」と
ずっと言っていました

今回はまさに
危ない目に遭ってしまった
どれだけ怒られるかな。。

私「事件に巻き込まれてしまい50万取られちゃった」
母「えっ!50万!?」
私「ごめん。騙された」

私は怒られると思ったのですが
母はこう言いました

母「体は大丈夫なの?お金ならいいから
そっちまで行こうか??」
私「体も大丈夫、ちゃんと日本に帰るから」
母「お金は受け取れるの?送金するよ」
私「3日間分のお金はスーツケースに
分けておいたから大丈夫」(強がっって)

そう言って電話を切った
海外旅行も1人で行ったことない母が
こっちに来れるわけないじゃん!
母に心配をさせてしまった事を考えると
自然と涙が出てしまった

歩きながらリンゴかじり
ふと母の言葉を思い出すと暖かすぎて
涙が止まらなかった

それから帰国後
母にお金を肩代わりしてもらい
私は仕事を3つ掛け持ちすることにする

時間があると
事件の事を思い出して
マイナス思考になってしまう

考える時間がなければ
思い出す事もない
だから仕事を3つ掛け持ちをした

それに借りたお金も早く返したいという
思いもあったから

それから半年後
母にお金を返したのだが
受け取ってもらえなかった

母「何かあった時に使いなよ」

そう言って今もそのお金は
とってある
同じお金だけど、自分の為には使えない
何らかの形で母に返したいと思っている

今では仕事に時間の拘束がないので
月1では自宅に帰り
家族で温泉に行ったり
一緒にドライブをしたりしている

あれから10年後
やっとカナダに来ることが出来ました

ここで何をするわけでもないのですが
自分の中で過去の自分を克服する事が出来ました
 
あの時一生物の傷があったら
今は旅をする事が出来なかった
手も足もある
それがどれだけ幸せな事かと感じます
 
アジアはあの事件以来嫌いになりましたが
悪いのはその人達であり、その国の人達ではない
今度マレーシアに行く
あの時の同じ手は2度と食わない

撮影場所:スタンレーパーク

f:id:tomo19801206:20170122121607j:plain